FC2ブログ

洋画 「英国王のスピーチ/The King's Speech」

kingsspeech01.jpg

現エリザベス女王の父親であるジョージ6世が
幼少期からの吃音を克服し、国民から信頼される
王になるまでの実話を描いた人間ドラマ。

本作が第83回アカデミー賞最多ノミネートということで、
授賞式前に観たい!と思った人はワタシだけではない
ようで、シアター激混。 
※札幌の上映はディノスシネマズ札幌劇場のみですからねぇ。

kingsspeech02.jpg

さて、楽しみにしていた本作を観た感想は...
吃音というコンプレックスを抱えた英国王ジョージ6世を
演じるコリン・ファースと風変わりな言語療法士演じる
ジェフリー・ラッシュの演技で魅せる会話劇の素晴ら
しさに尽きます!

kingsspeech04.jpg

2人の身分を越えた友情や、何があっても王を支える
妻エリザベスの愛も良かった。
キワモノ女優の印象が強いヘレナ・ボナム=カーター
正統派な役の方が魅力的ですね。

kingsspeech03.jpg

弱みや欠点を抱えた一人の人間ドラマとしても見応えの
ある味わい深い作品ですが、淡々と描かれた正統派なので
個人的には 「作品賞」って感じじゃないかなぁ...。

kingsspeech05.jpg

シングルマン』 に続き、
繊細で気品のある演技を魅せる
コリン・ファースのオスカーは
堅いのではないでしょうか?




英国王のスピーチ
幼いころから、ずっと吃音に悩んできたジョージ6世。そのため内気な性格だったが、
厳格な英国王ジョージ5世はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを
命じる。ジョージの妻エリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルのもとへ
夫を連れていく。


原題:The King's Speech
監督・脚本:トム・フーパー
出演:コリン・ファース/ジェフリー・ラッシュ/ヘレナ・ボナム=カーター
    ガイ・ピアース/デレク・ジャコビ/マイケル・ガンボン
    ティモシー・スポール/ジェニファー・イーリー  ほか
上映時間:1時間58分
公式サイト



blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
    応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト



23:52 | 映画 '11 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
第83回 アカデミー賞 決定! | top | 洋画 「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자/無敵(籍)者」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://blustar69.blog101.fc2.com/tb.php/801-9411e23d