FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

洋画 「人生万歳/Whatever Works」

jinsei_banzai01.jpg
(またしてもレビュー放置しまくり...)

ウディ・アレン監督の通算40作目となる本作は、
久しぶりのニューヨークを舞台に描く、落ちぶれた
元物理学者の中年男と南部からの家出娘の
奇妙な恋愛模様を映し出す。

それでも恋するバルセロナ』はまだしも、前作
イマイチだったので、あまり期待せず鑑賞。
jinsei_banzai02.jpg

ウディ・アレン節全開で面白い!

シニカルでウィットに富んだ会話を堪能。

主演は、ウディ・アレンの分身と思われる偏屈な
中年男を演じるラリー・デヴィッドと、気になる
新ミューズは 『レスラー』 のエヴァン・レイチェル・ウッド

jinsei_banzai03.jpg

登場人物のなんでもありの恋愛模様が楽しく、
パトリシア・クラークソン扮する目覚めた?ママの
大変身ぶりにビックリ(笑)

そう、本作の原題は 「Whatever Works=なんでもあり」。
人を傷つけたりしなければ、人生なんでもありってことで
「人生万歳!」 と思えるハッピーな映画でした。



人生万歳!
現代のニューヨーク。かつてノーベル賞候補だった天才物理学者のボリスも、今では
社会から孤立し自堕落な日々をおくる気難しい初老の男。ある夜、ボリスの家に
南部の田舎町から家出してきた娘メロディが転がり込み、そのまま居座ってしまう。
2人は生活をともにするうちにひかれあい、年の差を乗り越えて結婚するが...。


原題:Whatever Works
監督・脚本:ウディ・アレン
出演:ラリー・デヴィッド/エヴァン・レイチェル・ウッド
    パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr.、ヘンリー・カビル  ほか
上映時間:1時間31分    <PG12>
公式サイト



blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
    応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト
22:43 | 映画 '11 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
鍋焼きうどんが食べたくて~手打ちそば処 正覚庵 | top | 佐藤洋菓子店

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://blustar69.blog101.fc2.com/tb.php/785-31ddf57d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。