FC2ブログ

洋画 「わたしの可愛いひと-シェリ/Cheri」

cheri01.jpg

-上映は終了しましたが、備忘録として-

フランスの女性作家コレットの同名の原作を映画化。
1906年のパリを舞台に、元ココット(高級娼婦)と
親子ほども年の離れた青年との恋を描いたラブストーリー。

cheri02.jpg
一番の見どころは、レアを演じるミシェル・ファイファー
豪華な衣装と50代とは思えない美貌とスタイル。
なぜかレアの元ライバル・コレットがキャシー・ベイツ(笑)で
その息子シェリが 『プライドと偏見』『縞模様のパジャマの少年
ヴィクトリア女王 世紀の愛』 のルパート・フレンド

cheri03.jpg

プライドの高いレアが、シェリと別れて初めて知る苦しみや
老いの不安は切ないのですが、年下男シェリの魅力が
感じられず、いまひとつ入り込めなかったなぁ。



わたしの可愛い人-シェリ
1906年パリ、名うてのココット(高級娼婦)のレアは恋に落ちる危機を何度も切り抜け、
今は優雅な引退生活を送っていた。一方、彼女の元同業の友人はある打算を秘めて、
問題児の一人息子シェリをレアに託す。数週間で別れるつもりが6年も二人は共に
暮らすが、年ごろになったシェリに結婚話が持ち上がり、レアは動揺する。


原題:Cheri
監督:スティーヴン・フリアーズ
原作:コレット
出演:ミシェル・ファイファー/ルパート・フレンド/フェリシティ・ジョーンズ
    キャシー・ベイツ/イーベン・ヤイレ/アニタ・パレンバーグ ほか
上映時間:1時間30分  <R-15>
公式サイト


blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
    応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト



23:45 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ほっこりドリアが食べたくて | top | 邦画 「うまれる」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://blustar69.blog101.fc2.com/tb.php/686-9cbae20d