FC2ブログ

邦画 「うまれる」

umareru01.jpg

-上映はとっくに終了しましたが、備忘録として-

「赤ちゃんは親を選んで生まれてくる」という子どもの
胎内記憶をモチーフに、4組の夫婦の姿を通して、
妊娠から出産、そして出産と隣り合わせにある不妊や
流産・死産といった命のドラマをめぐるドキュメンタリー。

umareru02.jpg
豪田監督の男性目線で撮られた本作は、押しつけ
がましさがなく、優しさに溢れている。

出産未経験のワタシも、生まれてくることの意味や
家族のあり方や自分の生き方、人とのつながりに
ついて深く考えさせられ、涙があふれた。

「うまれる」って素晴らしい!
両親に感謝。 命の尊さに感謝。

umareru03.jpg

うまれる
伴 真和(31歳)、まどか(31歳)夫婦は、結婚して約1年。妊娠6カ月のまどかは、
初めてのお産が楽しみな反面、さまざまな不安も抱えている。なかでも一番の
心配は、自分が果たして良い親になれるのかどうかということ。いつも笑顔の
彼女だが、実は幼い頃に母親から虐待された辛い経験を持ち、彼女が中学生
のときに離婚して家を出た母親とは絶縁状態だ。


企画・監督・撮影:豪田トモ
プロデューサー:牛山朋子
ナレーション:つるの剛士
上映時間:1時間44分
公式サイト


blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
    応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト



00:58 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
洋画 「わたしの可愛いひと-シェリ/Cheri」 | top | 年の瀬アレコレ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://blustar69.blog101.fc2.com/tb.php/680-6c7853b5