FC2ブログ

洋画 「ブロンド少女は過激に美しく/Singularidades De Una Parariga Loura」

singularidades01.jpg

-上映は終了しましたが、備忘録として-

ポルトガルの文豪エサ・デ・ケイロスの短編小説を、
撮影中に100歳の誕生日を迎えた現役最高齢の映画監督
マノエル・デ・オリヴェイラが映画化。

「妻にも友にも言えない話は、見知らぬ人に話すべし」と
ばかりに、リスボン発の列車に乗り込んだ主人公・マカリオが、
隣の席に座った見知らぬ婦人に自分の恋の顛末を語る。

singularidades02.jpg
邦題にケチをつけるつもりはないのですが、主人公が
恋に落ちる女性はブロンドとゆうよりブルネットだと思うし、
全然 「過激」 じゃないし...。

恋は盲目って感じの主人公の姿が滑稽で、ラストは唐突。
ハープで奏でるドビュッシー「アラベスク」が耳に残りましたが、
いったい何が言いたいのかサッパリ分からず。

singularidades03.jpg

睡魔に襲われた前作 『コロンブス 永遠の海』 よりは、
ドラマチックな物語でしたが、 マノエル・デ・オリヴェイラ監督
(作品) とは相性が悪いのかも...。



ブロンド少女は過激に美しく
列車で隣り合わせた婦人に、衝撃的な体験を語り始めたマカリオ。彼は叔父に
雇われて洋品店の2階で会計士として働き始めた折、通りの向かいの家に姿を
現したブロンドの少女ルイザ(カタリナ・ヴァレンシュタイン)に一目ぼれし、結婚の
許しを得ようとするまでに至ったというが...。

原題:Singularidades De Una Parariga Loura
監督・脚本:マノエル・デ・オリヴェイラ
原作:エサ・デ・ケイロス
出演:リカルド・トレパ/カタリナ・ヴァレンシュタイン/ディオゴ・ドリア
    ジュリア・ブイゼル/レオノール・シルヴェイラ/ルイス=ミゲル・シントラ
    グロリア・デ・マトス ほか
上映時間:1時間4分
公式サイト


blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
    応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト



00:09 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
洋画 「ロビン・フッド/Robinhood」 | top | フレッシュジュース専門店 『LITTLE JUICE BAR』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://blustar69.blog101.fc2.com/tb.php/660-4c409171