FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

2010年★ベストムービー <日本映画編>

外国映画編>の続き、ワタシ的 2010年★ベストムービーいきま~す!

<日本映画ベスト10>

1位...『告白』  衝撃的! 松さんの演技が忘れられない。
2010-h01.jpg

2位...『最後の忠臣蔵』  日本人の心にしみます。
2010-h02.jpg

3位...『ちょんまげぷりん』  サムライ男子LOVE。
2010-h05.jpg

4位...『十三人の刺客』  ド派手な時代劇エンターテインメント。
2010-h04.jpg

5位...『川の底からこんにちは』  ♪ 社歌♪ が頭から離れない(笑)
2010-h.jpg
続きを読む
スポンサーサイト
06:45 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2010年★ベストムービー <外国映画編>

2010move-4.jpg

2011年の記念すべき1本目映画は、年末に見逃した 『キック・アス』 。
予想以上に面白く、良い映画幕開けとなりました。
そこで遅ればせながら、2010年の映画を振り返ってみたいと思います。

2010年公開の映画鑑賞本数は、外国映画101本(リバイバル含む)、
日本映画42本の合計143本+リピート作品5本+短編映画。

2011年も素晴しい映画に出会えることを祈りつつ、去年に続いて
ワタシ的 2010年★ベストムービー やっちゃいます。

続きを読む
06:42 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

邦画 「最後の忠臣蔵」

saigo chushingura.01jpg

「北の国から」シリーズを手掛けた杉田成道監督が
池宮彰一郎氏の同名小説を映画化。

赤穂浪士の吉良邸討入り事件後、密かに生き残った
二人の男の物語。

saigo chushingura.02saigo chushingura.04

いや~良かった! 
2010年、映画〆に選んで大正解。

今年のサムライ映画の大トリを飾るに相応しい、
日本人の美徳を思い出させてくれる秀作映画。
続きを読む
00:19 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「リトル・ランボーズ/Son of Rambow」

rambows01.jpg

映画作りの虜になった2人の少年の友情と絆を
『ランボー』 へのオマージュを交えながらユーモラス
に描くハートフルなヒューマンドラマ。

とにかくキュートでチャーミングな映画!

rambows02.jpg
続きを読む
00:12 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

邦画 「森崎書店の日々」

morisaki-s01.jpg

失恋して会社を辞めたことをきっかけに、東京・
神保町の古書店で働きながら、少しずつ成長し
再生していくヒロインの姿を描くハートフル・ストーリー。

バタバタした年の瀬に、映画全体に流れる
ゆったりとした雰囲気に癒されました。

morisaki-s03.jpg
続きを読む
00:05 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「バーレスク/Burlesque」

burlesque01.jpg

世界の歌姫 クリスティーナ・アギレラと、7年ぶりに
スクリーン復帰したオスカー女優・シェールの共演
というだけでドキドキワクワク、楽しみにしていた作品です。

burlesque02.jpg

映画は、歌手を夢見るヒロインがロサンゼルスの
クラブで働き始め、次第にその才能を開花させていく...
ありがちなサクセス・ストーリーですが、華やかで
ゴージャスな歌や踊りと、ディーヴァ2人の圧倒的な
パフォーマンスに魅了されっぱなし。
続きを読む
06:54 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

邦画 「海炭市叙景」

kaitanshi01.jpg

函館出身の作家・佐藤泰志氏の遺作を、帯広出身
ノン子36歳(家事手伝い)』 の熊切和嘉監督が映画化。

北海道・函館をモデルにした架空の地方都市(海炭市)を
舞台に、さまざまな事情を抱えながらも必死に生きる人々の
姿を繊細に描いたオムニバス・ストーリー。

kaitanshi03.jpg
続きを読む
06:46 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「トロン:レガシー/Tron:Legacy」

toron-legacy01.jpg

1982年に世界初のCGを導入したジェフ・ブリッジス
主演作 『トロン』 の続編。

父親が創造し「トロン」と呼ばれるコンピューターの
世界へ導かれた若者が、命を狙われながらも人類の
存亡を賭けた死闘に挑むSFアクション大作。

IMG_4843.jpg
オリジナル版 『トロン』 は未見。

3D元年の去年(2009年)、『アバター』 に
衝撃を受けてから早1年...
ドキドキワクワクの
初・IMAX3Dで鑑賞。


続きを読む
00:04 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「わたしの可愛いひと-シェリ/Cheri」

cheri01.jpg

-上映は終了しましたが、備忘録として-

フランスの女性作家コレットの同名の原作を映画化。
1906年のパリを舞台に、元ココット(高級娼婦)と
親子ほども年の離れた青年との恋を描いたラブストーリー。

cheri02.jpg
続きを読む
23:45 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

邦画 「うまれる」

umareru01.jpg

-上映はとっくに終了しましたが、備忘録として-

「赤ちゃんは親を選んで生まれてくる」という子どもの
胎内記憶をモチーフに、4組の夫婦の姿を通して、
妊娠から出産、そして出産と隣り合わせにある不妊や
流産・死産といった命のドラマをめぐるドキュメンタリー。

umareru02.jpg
続きを読む
00:58 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「彼女が消えた浜辺/About Elly」

hamabe01.jpg

浜辺にバカンスに訪れた若い女性の事件をきっかけに、
人間の複雑な内面が暴かれるヒューマン・ミステリー。

2009年ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を
受賞したイラン映画。

イラン映画といえば、『運動靴と赤い金魚』 や
アッバス・キアロスタミ監督の『友だちのうちはどこ?
など、子供を主人公にした素朴な作品のイメージが強い
のですが、本作は中流階級の男女がバカンス先で事件に
巻き込まれる心理サスペンス。
続きを読む
00:54 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「100歳の少年と12通の手紙/Oscar and the Lady in Pink」

100-12-01.jpg

11月末に観たはずなのにレビュー放置しまくり...。
さて気を取り直して行ってみよう。

地上5センチの恋心』 のエリック・=エマニュエル・シュミットが、
自身のベストセラー小説を映画化。

余命わずかな少年オスカーと、口は悪いが心優しい
ピザ屋の女主人ローズとの交流を描いた一作。

100-12-02.jpg
続きを読む
00:13 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

邦画 「ノルウェイの森」

norwegian-wood01.jpg

『青いパパイヤの香り』『夏至』などのトラン・アン・ユン監督が
村上春樹氏の世界的ベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。

W村上なんて呼ばれていた時代、村上龍氏派でしたが
赤と緑の装丁が印象的な原作本を読み、涙した一人です。

映画化に不安を抱えつつ、試写会で鑑賞。
続きを読む
00:45 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「ロビン・フッド/Robinhood」

robinhood01.jpg

『グラディエーター』 のリドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ
伝説の義賊 「ロビン・フッド」 の闘いを描いた歴史活劇を試写会鑑賞。

実は、リンゴを射抜く 「ウイリアム・テル」 と勘違いしていて
暴れん坊ラッセルのキャラじゃないなぁと思っていたワタシ(恥)

映画は、ハリウッドらしい正統派ヒーローもの。
これは単純に 面白かった!

robinhood02.jpg
続きを読む
00:45 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

洋画 「ブロンド少女は過激に美しく/Singularidades De Una Parariga Loura」

singularidades01.jpg

-上映は終了しましたが、備忘録として-

ポルトガルの文豪エサ・デ・ケイロスの短編小説を、
撮影中に100歳の誕生日を迎えた現役最高齢の映画監督
マノエル・デ・オリヴェイラが映画化。

「妻にも友にも言えない話は、見知らぬ人に話すべし」と
ばかりに、リスボン発の列車に乗り込んだ主人公・マカリオが、
隣の席に座った見知らぬ婦人に自分の恋の顛末を語る。

singularidades02.jpg
続きを読む
00:09 | 映画 '10 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。